HOME > よくある質問 > 複数店舗の火災保険を1契約にまとめる事業活動包括保険のメリットは?

よくある質問

複数店舗の火災保険を1契約にまとめる事業活動包括保険のメリットは?

複数店舗の飲食店を経営しているオーナー様、1店舗ずつ契約している火災保険を一つにまとめて契約できることをご存知ですか?

店舗ごとに火災保険に加入していると補償内容がそれぞれで違ったり、更新時期がバラバラになったり管理が大変です。

「事業活動包括保険」に乗り換えることで、1契約でスッキリまとめる事ができます。

事業活動包括保険のメリット

1.保険の管理・補償内容の見直しが簡単にできる

店舗総合保険では1店舗ずつの契約となってしまい保険料や補償内容、更新時期も契約ごとに異なったりします。

店舗ごとの保険の内容を把握しきれていないケースも多く、店舗によって補償がぬけていたり、必要のない補償をダブって付けていたりといったケースもよく見られます。

事業活動包括保険は全店舗を1契約でまとめられるので、管理はもちろん、契約内容の把握や、補償内容の見直しも容易になります。

2.輸送中の設備も補償される

店舗総合保険では所有されている設備・什器等の補償はご契約の建物内にある時のみとなりますが、事業活動包括保険では、所有されている設備・什器等の補償は建物内にある時だけでなく輸送中の場合でも日本国内であればまとめて補償できます。

3.休業補償も割安で付加できる

店舗総合保険では、火災等による建物、設備・什器など、財産に対する損害を補償するのみですが、事業活動包括保険では火災等による休業損失も補償することができます。

さらに、財産に関する補償と休業損失の補償をセットで付けることで保険料の割引ができます。

 

この機会に、補償内容・保険料の見直しを行い、スッキリ1契約にまとめてみてはいかがでしょうか。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ