HOME > よくある質問 > 火災保険のオプション個人賠償責任補償特約は必要?

よくある質問

火災保険のオプション個人賠償責任補償特約は必要?

個人賠償責任補償特約とは事故で他人に請求された治療費や修理費用、慰謝料などを補償する特約です。

具体的には、
・ベランダから植木鉢を落として他人をケガさせてしまった
・自転車で追突し、通行人をケガさせてしまった
・飼い犬が他人を噛んでケガをさせてしまった
・共同住宅で水漏れによって他人の個室に損害を与えてしまった
などの賠償責任が発生した場合に、補償金が支払われます。

自転車事故による高額賠償請求などは近年、ニュースでも数多く取り上げられています。

2013年にも、小学生が自転車で女性に障害が残るけがを負わせる事故があり、小学生の母親に9500万円の賠償を命じる判決が下されました。

個人賠償責任補償特約のポイントは以下の3つです。

1. 安価な保険料で家族全員を補償できる
2. 自動車保険や傷害保険と重複していても使える補償は1つ
3. 示談交渉代行の有無は各保険会社、商品によって異なる

補償対象は同居されている家族全員

補償対象は契約されたお客様と同居されている親族全員となります。

そのため、比較的安価な保険料で家族全員を補償対象にすることができます。

複数の保険で個人賠償責任補償を付けていても使える補償は1つ

火災保険だけでなく、自動車保険や傷害保険にも個人賠償責任補償契約が付いている場合があります。

もし、重複して個人賠償責任補償を付けていた場合でも使える補償は1つとなります。

特に火災保険は契約が長期にわたるケースが多く、特約の有無を忘れてしまうケースも少なくありません。

自動車保険や傷害保険との重複がないように契約内容をご確認いただくことをオススメいたします。

会社や商品によって示談交渉代行の有無が異なる

各保険会社や商品によって示談交渉代行の有無が異なります。

加入を検討されている方は、各保険会社のホームページにて詳細をご確認ください。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ