HOME > よくある質問 > 水災・震災のリスクを測るハザードマップ・都市圏活断層図

よくある質問

水災・震災のリスクを測るハザードマップ・都市圏活断層図

「ハザードマップ」「都市圏活断層図」は防災に役立つ情報をまとめた地図で、水災や震災が起きた際の被害の予測範囲を記しています。

ご自身が住んでいる地域、あるいはこれからマイホームを購入しようとされている方は、その地域にどんな自然災害のリスクが高いか事前に調べることができます。

これらを利用して、水災補償や地震保険の加入検討に活用することができます。

■ 水災補償の必要性を測る「洪水ハザードマップ」
■ 地震保険の必要性を測る「都市圏活断層図」

水災補償の必要性を測る「洪水ハザードマップ」

火災保険の「水災補償」は保険料の負担も大きく、補償追加を悩まれるケースが多いと思います。

一戸建ての火災保険に水災補償、必要?不要?

水災被害のリスクを測る方法の一つとして、各市区町村で公表している「洪水ハザードマップ」があります。

「洪水ハザードマップ」は水害が発生した際に予測される浸水被害地域を地図上に表示したものです。

浸水した際に予測される被害の大きさなども色分けされて表示されており、リスクの大きさを測る指標となります。

一般的に河川からの距離で、水災被害のリスクを測りがちですが、河川から離れている地域でも浸水リスクの高い地域もあります。

ハザードマップを活用する事で、こういった地域についても容易に確認することができます。

また、突発的な大雨などによる鉄砲水、土石流や地すべりなどの被害は、いずれも『水災』での補償になります。
山間部や傾斜地が近い地域の方は「土砂災害ハザードマップ」もご参考ください。

高まる土砂災害リスクに備える火災保険の「水災補償」

各市区町村のハザードマップは、国土交通省のハザードマップポータルサイトから確認することができます。

地震保険の必要性を測る「都市圏活断層図」

国土交通省が提供している「都市圏活断層図」は、活断層の位置を記しています。
活断層は将来も活動すると考えられる断層で、周辺地域は、特に地震への備えが重要であるといえます。

また、都市圏活断層図では、断層の他、地盤状況や地滑りなどの斜面災害の可能性がある地域も把握できます。

地震保険は都道府県ごとに保険料が異なりますが、活断層の有無による保険料の違いはありません。

そのため、活断層付近に建物がある方は、地震保険の加入を検討されることをオススメしています。

国土交通省 国土地理院 都市圏活断層図について

また、地震による津波、噴火、土石流の被害は地震保険での補償になります。
ご自宅が沿岸部に近い方は、「高潮ハザードマップ」や「津波ハザードマップ」も併せてご確認ください。

自分の地域にどんな自然災害のリスクが高いか、「ハザードマップ」や「都市圏活断層図」をご活用いただき、必要な補償についてご検討ください。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ