HOME > よくある質問 > 太陽光発電は「メーカー保証」が付いてても火災保険が必要?

よくある質問

太陽光発電は「メーカー保証」が付いてても火災保険が必要?

屋根に取り付けた太陽光発電システム、万が一の災害や事故にどんな備えが必要でしょうか。

今回はメーカー保証と火災保険、それぞれの補償内容を比較してみます。

事業用太陽光発電システムの保険はこちら

太陽光発電システムは、火災保険の「建物」の補償範囲

一般的な屋根に取り付けられている太陽光発電システムは、建物にかかっている火災保険の補償範囲です。

したがって太陽光発電システム単体で保険に入る必要はありません。

ただし、火災保険の契約後に太陽光発電システムを付けた場合は、建物に設定している保険金額を増やしておかないと補償額が足りなくなる恐れがあるので注意が必要です。

保険金額の見直しは、加入先の保険会社または代理店にご相談ください。

初期不良は、メーカー保証で対応できる

多くの場合、太陽光発電システムには10年以上のメーカー保証がついています。

メーカーなどによって内容・期間は異なりますが、主な保証は以下の2つです。

・製造上の不良による機械の故障などに対応する「機器保証」

・一定の発電量を下回った時に無償で機器の交換をしてもらえる「出力保証」

保証料を追加することで期間を延ばせたり、保証を手厚くできるメーカーもあります。

また、独自に点検を行う保証プランを用意している販売店などもあります。

「出力保証」は保険で代用できませんが、「機器保証」は火災保険の「電気的・機械的事故」の補償でも対応できます。

ただし、メーカー保証と重複してかけていても支払われるのはどちらかだけです。

補償を追加する場合は、メーカーの保証期間や保証範囲をよくご確認ください。

メーカー保証の「災害補償」について

メーカー保証に、火災・落雷・台風などの「災害補償」を付けているメーカーもあります。

災害補償は有償のオプションとしているメーカーがほとんどですが、販売店などによっては設置料金に補償料が含まれているケースもあります。

産業用太陽光発電の場合、一般的にメーカーの災害補償はありません。

メーカー提供の災害補償と火災保険の違い

結論からいうと、火災保険にしっかり入っていれば、メーカーや販売店の提供する「災害補償」は必要ありません。

メーカーの災害補償も、実際にはメーカーと契約をしている保険会社が引き受けているケースがほとんどです。

この場合、家にかけている火災保険とメーカーでかけている災害補償が重複していたとしても、保険金が支払われるのはどちらか一方だけです。

メーカーの災害補償よりも火災保険?

そもそも災害のリスクを考えれば、太陽光発電システムだけではなく建物全体での備えが必要です。

また、メーカー保証は、購入時から10年といった一定期間に限定されます。

満期や更新のこないメーカー保証には、「気づいたら保証期間が終わっていた…」というリスクもあります。

まずは火災保険の内容を見直した上で、メーカーの災害補償で補足する必要があるかどうか検討されることをオススメします。

 

各メーカーや販売施工業者などによって、メーカー保証の内容は変わります。

また、保険会社によっても、補償内容や引き受け条件が異なる場合がございます。

詳細については、各社ホームページなどでご確認ください。

補償範囲についてのご相談などは、弊社までお気軽にお問合せください。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ