HOME > よくある質問 > 火災保険の「物体の落下・飛来・衝突」はどんな補償?

よくある質問

火災保険の「物体の落下・飛来・衝突」はどんな補償?

「物体の落下・飛来・衝突」で補償されるケース

・自動車の当て逃げで家の外壁が壊された
・飛んできた石やボールで窓ガラスが割れた
・飛行機やヘリコプターからの落下物で建物に損害が出た
・ドローンの落下・衝突で太陽光発電パネルが破損した

また、スプレーやペンキによる落書き被害にもこの補償で対応できる可能性があります。

自動車の衝突による損害は、ご自身やご家族が運転する場合に補償できるかは、契約内容によって異なります。

最近では、運転者に関係なく補償される火災保険もありますので、気になる方はご契約内容を一度ご確認ください。

「物体の落下・飛来・衝突」で補償されないケース

損害の原因が、台風などの強風や大雨、大雪、地震といった自然災害の場合は、「物体の落下・飛来・衝突」では補償されず、その他の補償の範囲となります。

例えば..
・台風や竜巻などの”風”で飛んできた看板で外壁が壊れた
・大粒の”ひょう”で屋根や窓が割れた
・”大雪”で隣家の屋根から落雪があり窓ガラスが割れた

これらはいずれも「風災・ひょう災・雪災」補償の範囲に含まれます。

また、大雨による洪水の被害や土砂災害は「水災」補償の対象となり、地震で隣家の倒壊に巻き込まれた場合は「地震保険」での補償範囲となります。

風害のリスクはどれぐらい?風災の備えは必要?
火災保険に水災補償は必要?判断のポイントは…
各都道府県の地震保険料

「物体の落下・飛来・衝突」は、その他の補償とセット?

多くの保険会社で、「物体の落下・飛来・衝突」は、盗難や、水濡れ、騒擾(じょう)補償といったその他の補償とセットになっています。

セットになっている補償の組み合わせは保険会社によって異なりますので、各保険会社のホームページやパンフレットでご確認ください。

保険料のお見積りや、詳しい説明については弊社までお気軽にご相談ください。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ