HOME > よくある質問 > 民泊事業者向け保険がセットになった民泊ホスト業務サポートサービスとは?

よくある質問

民泊事業者向け保険がセットになった民泊ホスト業務サポートサービスとは?

民泊オーナーの業務をトータルサポート

民泊事業者向けの保険をはじめ、民泊オーナーの業務サポートがパッケージになったサービスが登場しました。

パッケージになっている基本サービスは以下の4点です。

1.民泊事業者向け保険
2.民泊事業の申請・報告代行
3.トラブル時の通訳サービス(英語・中国語・韓国語)
4.簡易修繕手配

民泊ビジネス・サポートサービス

1.民泊事業者向け保険

対人・対物賠償(支払限度額:1億円)

施設に起因する、第三者への対人・対物賠償を補償します。

【対象となる事故例】

 ・扉のたてつけが悪く、倒れてしまい、ゲストがケガをしてしまった。
 ・ホストが用意した民泊用の看板が落下し、通行人にケガをさせてしまった。
 ・ゲストに水の出し方について誤った説明をしたため階下に漏水してしまった。

借用不動産損壊担保 / 借用不動産修理費用(支払限度額:3千万円)

民泊ホストが借家人の場合、家主に対して支払う現状復旧費用を補償します。

【対象となる事故例】

 ・民泊事業用に用意したコンロが管理不備で出火し、部屋が燃えてしまった。
 ・ゲストの寝たばこによって部屋が燃えてしまった。

初期対応費用(支払限度額:50万円)

上記いずれかの事故時に必要となる通訳費用、通信費、見舞金など。

2.民泊事業の申請・報告代行

地方自治体への民泊事業の申請、民泊実績の報告など、民泊ビジネスに関わる書類の作成から提出までを代行いたします。

民泊ビジネスを始めたいが、書類の書き方がわからない、忙しくて書類の提出に行くこと出来ないなどのお悩みをサポートいたします。

3.トラブル時の通訳サービス

トラブル時の通訳サービスで、英語、中国語、韓国語の三か国語での対応が可能です

このサービスは1物件あたり年3回まで利用できますが、保険の支払いが適用となった案件については、カウントされません。

4.簡易修繕サポート

宿泊用物件の簡易修繕が必要な場合、修理業者を手配します。

※作業実費は別途請求あり。

その他の有償オプションサービス

その他、以下のようなオプションサービスも提供されています。

・専用端末の設置による監視を行う「見守りサービス」
・ゴミ分別業者によるゴミの仕分けサービス
・清掃業者による物件の清掃サービス
・便利屋の手配サービス

民泊ビジネス・ゲストハウスオーナーに必要な火災保険

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ