HOME > よくある質問 > 建物の評価はどのように行うのですか?

よくある質問

建物の評価はどのように行うのですか?

火災保険の保険金額の基礎となる建物の評価は以下の3つの方法で算出されます。
(1)年次別指数法・・・建築年および建築価額が判明している場合に、
  建築価額に年次別指数を乗じて算出する方法(建築価額に土地代は含みません)。
(2)新築費単価法・・・専有面積が判明している場合に、新築費の1㎡単価を面積に
  乗じて算出する方法。
(3)上記以外の合理的な算出方法
上記で求めた評価額は30%の範囲で増減調整できるようになっています。
最近では、保険金額は再取得価額(新価)で設定するケースが殆どです。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ