HOME > よくある質問 > 20年以上前の火災保険ですが、ちゃんと払ってもらえますか?

よくある質問

20年以上前の火災保険ですが、ちゃんと払ってもらえますか?

長いことこの仕事をやってますが、古い建物に付いている
火災保険でダントツなのが【一部保険】です。
【一部保険】とは建物の評価額に対して、保険金額が少ない
状態を言いまして、実際に火災になっても保険金が減額
されるマズイ状態を言うのです。
たとえば、
1.時価額:2000万円 火災保険金額:1000万円
 (時価額>保険金額なので一部保険となります)
2.火災による損害額:1000万円
3.支払われる損害保険金
 1000万円(保険金額)/2000万円(時価額)=500万円
 1000万円の火災保険に入っているのに、500万円しか払われない!!
なぜ、こんな契約が多いのかをお教えしましょう。
20年、30年前に住宅金融公庫や銀行でローンを受けて、マイホームを
建てられた方の多くは、融資額=火災保険金額の契約をされている
パターンが非常に多いのです。
しかし、建物の評価額と融資額はイコールではありませんので、前述の
ような【一部保険】になってしまうというわけです。
おまけに更新がありませんから、見直しをされている方はほとんどいません・・・。
築20年以上のマイホームをお持ちの方はぜひチェックしてみてくださいね!

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ