HOME > よくある質問 > 「家財」の地震保険が支払われやすいというのは本当ですか?

よくある質問

「家財」の地震保険が支払われやすいというのは本当ですか?

火災保険では地震・噴火・津波による損害は補償されません。
これはみなさんご存知の通りです。
その地震保険も建物と家財で災害の認定要件や、保険金の支払い
方法が大きく異なることはあまり知られていません。
結論から申し上げましょう。
地震保険は家財のほうがお得です。
その理由は、災害の認定要件にあります。
家財の場合は生活用動産〔食器、電気器具、家具、見回品)がどれだけ落下したかが目安になります。
家財全体の時価の30%以上が落下した場合「小半損」として保険金額の30%(時価の30%が限度)。
家財全体の時価の60%以上が落下した場合「大半損」として保険金額の60%(時価の60%が限度)となり、
この場合1,000万円の地震保険に加入していれば600万円が支払われるわけです。
もちろん、様々なケースが想定されますので、一概に言えない部分もあり
ますが、新築住宅に地震保険を手配する場合、家財に地震保険をつけた
方が良いのは間違いありません。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ