HOME > よくある質問 > 地震保険の保険金はどう支払われるのですか?

よくある質問

地震保険の保険金はどう支払われるのですか?

家計地震保険については以下の条件でお支払いします。

《居住の用に供する建物》

「全損」で建物の地震保険金額の全額 (時価額限度)をお支払いする場合
 ・主要構造部の損害が保険価額の50%以上
 ・建物の焼失もしくは流失した床面積が延べ床面積の70%以上
 ・地すべりその他災害による現実かつ急迫した危険が生じ建物全体が
  居住不能に至ったとき(一時的な場合を除く)
「大半損」で建物の地震保険金額の60% (時価額の60%限度)をお支払いする場合
 ・主要構造部の損害が保険価額の40%以上50%未満
 ・建物の焼失もしくは流失した床面積が延べ床面積の50%以上70%未満
「小半損」で建物の地震保険金額の30% (時価額の30%限度)をお支払いする場合
 ・主要構造部の損害が保険価額の20%以上40%未満
 ・建物の焼失もしくは流失した床面積が延べ床面積の20%以上50%未満
 
「一部損」で建物の地震保険金額の5% (時価額の5%限度)をお支払いする場合
 ・主要構造部の損害が保険価額の3%以上20%未満
 ・床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水を受け損害生じ、当該建物が
  上記の全損・大半損・小半損・一部損に該当していないとき

《生活用動産(家財)》

「全損」で”家財の地震保険金額の全額 (時価額限度)をお支払いする場合
 ・家財の損害額が家財の保険価額の80%以上
「大半損」で家財の地震保険金額の60%(時価額の60%限度)をお支払いする場合
 ・家財の損害額が家財の保険価額の60%以上80%未満
「小半損」で家財の地震保険金額の30%(時価額の30%限度)をお支払いする場合
 ・家財の損害額が家財の保険価額の30%以上60%未満
「一部損」で家財の地震保険金額の5% (時価額の5%限度)をお支払いする場合
 ・家財の損害額が家財の保険価額の10%以上30%未満

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ