HOME > よくある質問 > 火災保険に付けたいオプション 臨時費用補償特約

よくある質問

火災保険に付けたいオプション 臨時費用補償特約

臨時費用補償特約(事故時諸費用補償特約)

火災保険は損害保険金をお支払いする場合、損害額を実費でお支払いするのが原則です。
臨時費用補償特約は損害保険金に10~30%の加算が出来る特約です。

例えば、300万円の保険金が支払われると、30~90万円の臨時補償保険金が追加で支払われます。

臨時費用補償特約をオススメする理由

オススメする理由は災害復旧、事故に対する補償について万全の備えができるという点です。

落雷や火災によって当該の物件、家財、設備什器などに損害があった場合、損害保険金だけでは実際の費用が賄えないケースがあります。

例えば
・損害が復旧するまでの仮住まい費用
・残存物など周囲の取り片付け費用
・実害があった箇所の周辺の建材などの交換費用
・災害時のケガの治療費
・近隣へのお詫び
・災害の再発防止にかかる費用
などは保険金支払いの対象とならず、臨時費用補償特約がなければ全額お客様の負担となります。

臨時費用補償特約については各保険会社のホームページをご確認ください。

臨時費用補償特約は、保険会社によって最初から組み込まれている場合やオプション(特約)として費用が必要な場合もあります。

臨時費用補償特約で支払われる金額やお支払い条件も各保険会社によって異なります。

詳細については各保険会社のホームページをご覧ください。
火災保険に加入されている方は臨時費用補償特約の内容について一度ご確認いただくことをオススメいたします。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ