HOME > よくある質問 > 火災保険の臨時費用保険金は必要ですか?

よくある質問

火災保険の臨時費用保険金は必要ですか?

臨時費用保険金とは、火災保険の保険金が支払われるときに、損害保険金とは別枠で上乗せしてお支払いする保険金のことをいいます。
火災保険で実際の修理費用は支払われるので、必要ないのでは、というお声もよく耳にしますが、大きな火事や災害の場合は建物を復旧する間、建物修理費とは別に仮住まいの費用や解体費用、片付け費用が必要となってくる場合があります。
その際、お役に立てるのが「臨時費用保険金」です。
通常の住宅物件でこの特約を付加されますと、1事故について保険の対象ごとに100~300万円、損害保険金の10~30%を限度にお支払いすることができます。
(※保険会社によって臨時費用保険金の内容は異なりますのでご注意ください)
万が一の際、自己資金を取り崩さないですむよう加入をご検討ください。
詳しい補償内容や保険料は弊社までお問い合わせください。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ