HOME > よくある質問 > マンションの火災保険金額が購入した金額より低いのはなぜですか?

よくある質問

マンションの火災保険金額が購入した金額より低いのはなぜですか?

マンション購入価格には、建物価額以外に、土地代に相当する「敷地利用権の価格」が含まれています。

このうち火災保険の対象となるのは建物の建築価額のみであり、その中でも区分所有者が保険をかける必要がある「専有部分」についての金額が保険金額(=ご契約金額)となります。

そこで購入価格から純粋な建物価格を割り出すために「購入時の消費税率」を活用します。これは敷地利用権には消費税が課税されない事を利用して建物価格を算出する方法です。

購入時の消費税額÷購入時の消費税率=建物価額(専有部分と共有部分の持ち分)

※この算式により算出される価額に消費税を加算すれば、建物部分の購入価額となります。なお、これは購入価額であるため、再調達価額(新価)算出するためには新築の場合を除き、年次別指数表の係数を乗じる必要があります。

個別具体的には弊社までお問い合わせ下さい。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ