HOME > 雪害に使える火災保険・支払われる条件とは

雪害に使える火災保険・支払われる条件とは

雪による建物への被害は、火災保険で補償できるケースがあります。

今回は、以下のポイントに絞って、火災保険の「雪災」についてご紹介いたします。
・火災保険で補償できる雪の被害
・火災保険の「雪災」補償の内容・保険料・保険金について

吹雪による被害

火災保険から保険金が支払われる雪の被害例

火災保険に「雪災」補償がついていれば、雪による被害を補償できます。

「雪災」補償が使えるケースは以下の通りです。

・屋根が雪の重みで壊れた
・積もった雪の圧力で窓ガラスが割れた
・隣家からの落雪で自宅の壁や塀が壊れた
・カーポート(車庫)、物置などが大雪の重みによって壊れた
・アンテナや雨どい、太陽光パネルなどが大雪によって壊れた
・給湯器、室外機が大雪のせいで故障した
・爆弾低気圧によって発生した雪崩による建物の被害

※カーポート(車庫)や物置などは契約内容によって補償対象外になっている場合があります。

一般的に「雪災」は、「風災・雹(ひょう)災」とセットになっており、雪災のみで付けることはできません。

以下のケースは「雪災」補償は使えません。

・自宅の屋根の雪が落ち、隣家の屋根や窓を壊した
・雪解けによる洪水や地すべりで、住宅に被害が出た
・積雪の重みでカーポートの屋根が落ち、車のフロントガラスが割れた

上記のケースでも、他の補償や保険でカバーできるケースもあります。

自宅の屋根の雪が落ち、隣家の屋根や窓を壊した

自宅からの落雪であっても、豪雪など自然災害によるものであれば、その責任を問われることはありません。隣家の被害には隣家の火災保険を使うことになり、落雪を起こした家の火災保険からは支払われません。

ただし、明らかに被害が予想されるのに雪かきをしなかった場合などには、賠償責任が発生することがあります。この場合は「個人賠償責任保険」特約を付けていれば、賠償金が支払われます。

雪解けによる洪水や地すべりで、住宅に被害が出た

雪崩による被害は「雪災」ですが、雪解け水が原因の土砂災害・融雪洪水などは「水災」となります。

山間部や傾斜地が近い建物は水災のリスクも併せてご確認ください

お住まいの地域の水害や土砂災害のリスクは、各市区町村が公表している「ハザードマップ」が参考になります。

国土交通省 ハザードマップポータルサイト

積雪の重みでカーポートの屋根が落ち、車のフロントガラスが割れた

車への損害は、火災保険では支払われません。
このケースでは、自動車保険の「車両保険」で補償できる可能性があります。

雪災

「風災・ひょう災・雪災」補償のチェックポイント

「雪災」は一般的に「風災・雹(ひょう)災」とセットになっています

平成15年以前の火災保険は様々な補償がセットになっており、「風災・ひょう災・雪災」補償も必ず付帯されていました。

最近では、不要な補償を外すことによって保険料を節約できる火災保険が出ています。
そのため、契約内容によっては「風災・ひょう災・雪災」が補償されないケースがあります。

「風災・ひょう災・雪災」補償はいくらぐらいで付けられる?

補償内容が選べるタイプの火災保険の場合、基本補償の「火災、落雷、破裂・爆発」に、必要な補償を追加できます。

保険料の目安は、以下の例をご参考ください。

【埼玉県・新築一戸建て(木造住宅)・保険金額2,000万円・契約年数10年の場合】

■火災保険の主な補償内容と保険料例
  補償内容 保険料
基本補償 火災、落雷、破裂・爆発 50,200円
以下の補償は基本補償に追加できます
追加補償 風災・ひょう災・雪災 +44,200円
水災 +54,600円
盗難・水ぬれ +13,200円
破損・汚損等 +7,400円

※保険会社やお住まいの地域などによって、保険料や補償内容は異なります。
試算や詳しい内容の説明については、お問い合わせ下さい。

必要な補償内容の保険料が、基本補償にプラスされて計算されます。

例)
「基本補償」+「風災・ひょう災・雪災」+「水災」の場合
50,200円 + 44,200円 + 54,600円 = 149,000円

保険会社・商品によっては自己負担額が必要になります

火災保険の商品によっては、「風災・ひょう災・雪災」補償に自己負担額の設定があり、被害に遭ったときに契約者が負担する金額が異なります。

自己負担額の設定には以下の2つの方式があります。

・フランチャイズ方式

被害額が設定金額以上になれば、保険金が支払われる方式です。
例えば、設定金額が20万円の場合、被害額が20万円以上なら、保険金が支払われます。
被害額が20万円未満の場合、保険金は1円も支払われません。

過去に住宅ローンを組み、長期契約の火災保険に加入された方はフランチャイズ方式になっている場合が多くあります。

被害にあったときに初めてフランチャイズ方式と気付かれる方も少なくありません。
気になる方は、保険証券でご確認いただくか、ご契約をされた保険会社や保険代理店にご確認ください。

・免責方式

火災保険契約時に、被害に遭ったときの自己負担金をいくつかの金額から設定できます。
免責方式は被害額から自己負担金を差し引いた保険金が支払われます。

被害額 - 自己負担金 = 実際に支払われる保険金

最近は免責方式を選べる火災保険が増えてきています。

大雪による積雪

雪災を補償できる火災保険のポイント

・大雪・豪雪・暴風雪への建物被害には「風災・雹(ひょう)災、雪災」補償で対策が可能
・「雪災」補償で、補償できない雪の被害は他の補償でカバーできるものもある
・損害額による支払い制限の有無・損害時の自己負担金額を確認

大雪・豪雪による被害は、毎年報告されています。
2014年2月には、九州地方や関東地方にも大雪が降り、大きな被害をもたらしました。

特に普段雪の少ない地域では、家を建てる際に大雪による積雪を想定していないケースがあります。

たとえば、普段から積雪の多い地域ではカーポートも耐積雪仕様となっていますが、一般的なカーポートは耐積雪20cm程度のものが多いようです。

2014年2月の大雪では東京都心でも20cm以上の積雪が確認され、カーポートの屋根が落ちたり、支柱が倒れるなどの被害が見られました。

雪の被害に困らないよう、火災保険の保険証券を今一度ご確認ください。

まずはご相談ください プロの保険アドバイザーが無料でご相談に応じます。しつこい売り込みは一切いたしません。
お問い合わせ・無料相談はこちら
ページの先頭へ